diario da sasino Ⅱ

カテゴリ:ぶどう畑( 15 )

新苗

冬の間ハウスの土の中に埋めていたネッビオーロの新苗を掘り起し、本日圃場に定植。
この作業でようやく春を実感できます。
この後は支柱設置、ワイヤー張り、ラベル張りに書類記帳提出、野菜芽だし、苗植え付け、
タイヤ交換アバルト整備に釣りとやること盛り沢山な2013年度のはじまりです。
a0284563_171241.jpg

[PR]
by dasasino | 2013-04-08 17:19 | ぶどう畑

剪定

昨年まで剪定は雪が解けてから春に行っていましたが、
昨年の大雪で痛い目に合ったので、今年は雪が積もる前にやってしまいます。
鉛筆くらいの太さの健常な枝を残し、不要な枝を切り落としていく、
地味ですが来年の適正な収量を決める大事な作業。
a0284563_19224589.jpg

[PR]
by dasasino | 2012-11-29 19:35 | ぶどう畑

VENDEMMIA

晴天の中、葡萄の本収穫。
a0284563_1714219.jpg

10アールで約520kg。
a0284563_17145616.jpg

強い日差しで透けるよう柔い色の皮のネッビオーロ。口に含むとタンニンしっかり。
a0284563_1716029.jpg

2012本仕込みの幕開け。
[PR]
by dasasino | 2012-10-27 17:23 | ぶどう畑

ソウヴィニョンブラン

10月です。葡萄の収穫の月です。ワインの醸造の月です。
一番糖度が高いのがソウヴィニョンブランで23.5BRIX。
もうそろそろ収穫いたします。
ピノブランは、一週間ほど畑から離れていたらムク鳥に8割ほど、
食べられておりました。糖度もまだ、17~19BRIXなのに。。。。
慌ててビニールの目玉とカカシを設置しましたが時すでに遅し。
来年の為の良い勉強になりました。
a0284563_1741486.jpg

[PR]
by dasasino | 2012-10-01 17:17 | ぶどう畑

摘果

ぶどうの摘果。
マルヴァジアは放っておくと1㎏位の大きな房になります。
糖度が上がらず、凝縮感が薄れ、シャバシャバなワインになりますので
バッサバッサと切り落としていきます。
弱小ワイナリーとしては生産量が落ちるのは死活問題ですが、
断腸の思いで作業いたします。

もったいなくない。
a0284563_15225636.jpg

今年は収穫が結構早まりそうなメルロー、バルベーラ、マルヴァジアに比べ、
ネッビオーロは昨年よりゆっくりなペース。品種本来の個性が出始めてきたのか。
a0284563_1537696.jpg

[PR]
by dasasino | 2012-09-15 15:40 | ぶどう畑